• 院内マップ
  • 交通アクセス
地域医療連携室 総合周産期母子医療センター

外来診療のご案内

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、「主治医の診断や治療方針に対する、別の医師の意見」という意味です。

患者さんに一番適切な医療を選択できるように、現在の症状や治療方針について、別の医師の意見を求めることです。

当院のセカンドオピニオンは患者さんに現在治療を受けられている医療機関から資料を用意していただき、この資料に基づき治療等の説明やいろいろな治療方法をご紹介するものです。
なお、セカンドオピニオンをご希望される場合、当院は完全予約制となっておりますので、ご了承ください。

セカンドオピニオン外来を受けることができる方

患者さんご本人及びそのご家族がセカンドオピニオンを受けることができます。

ご家族の場合は患者さんご本人の同意を受けていることが必要になります。また、訴訟を目的にされている方や当院への転院または治療を希望されている方は対象となりません。
当院での治療を目的においでになるときは通常の受診手続きをとっていただくことになります。

セカンドオピニオン外来 相談同意書(PDF形式)

準備していただく資料

当院のセカンドオピニオンは下記の資料をもとに実施しますので、セカンドオピニオン当日までに資料は必ずご用意ください。

  1. 診療情報提供書
    現在の医療機関での治療や検査等について書いたものを主治医の 先生に作成して貰ってください。
  2. 画像診断ファイル
    CT.MRI.レントゲン等のフィルムを撮られている場合には主治医の 先生から借りてください。
  3. 検査の結果
    診療情報提供書に記載があれば結構ですが、これ以外に用意できる 場合はご持参ください。

申込み方法

セカンドオピニオン外来申込書に必要事項をすべてご記入いただき、医事係受付へ申込をしてください。

お電話での申込は出来ませんのでご了承ください。

セカンドオピニオン外来 申込書(PDF形式)

相談日の決定とその連絡方法

お申込をいただいた後に、患者さんの疾患に応じて当院のセカンドオピニオン担当医師と調整し、こちらから電話でご連絡さし上げます。
日時に関しては、予約制で行うため、ご希望に添えない場合がありますのでご了承ください。

なお、セカンドオピニオン外来時にご相談内容が複数の診療科にわたることがわかった場合には、資料をお預かりし当該疾患の担当医師と検討し後日ご説明することとなります。
また、疾患名や症状により相談内容に疑義がある場合は相談に応じかねる場合がございますのでご了承ください。

料 金

↑Top