• 院内マップ
  • 交通アクセス
総合周産期母子医療センター

地域医療連携室

開放型病院について

当院では、患者さん中心の一貫性のある医療・病診連携を目的に、「開放型病院」というシステムをとっています。

このシステムは二次医療圏の各市郡医師会との協約に基づいて行われるもので、当院の「開放型病院」に登録された医師(登録医)から紹介入院された患者さんを、当院担当医と紹介元登録医が情報を共有し協力しながら治療に当たるというものです。

この共同指導によって病状についての理解が一層深まり、患者さんが退院した後の診療に大いに役立っています。

また、病院の開放、高度医療機器等の共同使用による医療資源の有効利用を図り、医師会会員の皆様に大いにご利用していただきますように、下記のとおりご案内いたします。

国立病院機構佐賀病院開放型病院実施要綱

開放型病院ご利用のフローチャート

  1. 登録医(来院)
    来院されましたら、地域医療連携室に申し出下さい。
    土曜、目曜、祭目、時間外の場合は事務当直室に申し出下さい。
  2. 地域医療連携室
    来院受付簿に氏名、来院時刻等の記入をお願いします。
  3. 地域医療連携室
    医事課(事務当直室)より病棟看護師長、当院主治医に登録医の来院されたことを連絡します。
    白衣、名札、駐車券を準備しております。
  4. 病棟・病室(診療)
    指示は患者さんの承諾を得、当院主治医を介して行って下さい。
    また、診療内容及び当院主治医への連絡事項は必ず診療録に記入して下さい。
    また、開放型病院共同指導実施票(3部複写)を記載して1部(登録医用)をお持ち帰り下さい。
  5. 地域医療連携室(お帰りの手続き)
    お帰りの際は、地域医療連携室又は、事務当直(時問外)にお知らせ下さい。
    ※登録医が来院して患者さんを診察し、帰られるまでのフローチャートです。
    共同診療時間帯は、原則午前8時30分から午後8時までとなります。

開放型病院に関する間い合わせ
国立病院機構佐賀病院:地域医療連携室まで  電話30-7141(内線1808番)

↑Top