• 院内マップ
  • 交通アクセス
地域医療連携室 総合周産期母子医療センター

部門

臨床検査科

こんにちは、研究検査科ホームページの扉を開いて頂きありがとうございます。
私達検査科では「質の高いデータを迅速に提供」をモットーに昼夜を問わず24時間体制で365日検査をおこなっております。

またスタッフ一同「全ての検査は自分の家族の検査」の思いで対応しており、さらに研鑚を積んで皆様の健康回復・増進に十分応えられる検査科を目指しております。

研究検査科長 (併任)尾関伸一郎



研究検査科は病気の診断、重症度の判定、臨床経過の観察、治療効果判定のためにデータ ・情報を提供する部門です。当院ではオーダリングシステム・検査システムにより、リアルタイムにデータを報告しています。健康診断を目的とした検査は病気の早期発見と予防に役立っています。

臨床検査は、血液 ・尿 ・便 ・痰 ・生体組織等を材料とする検体検査と心電図 ・脳波 ・超音波検査など直接身体の情報を数値や画像に変換する生理機能検査に大別されます。

精度の高いデータを迅速に提供することにより、診療を支援しています。

スタッフ紹介

研究検査科スタッフ 構成

研究検査科長 1名  臨床検査技師長 1名  副臨床検査技師長 1名
主任検査技師 3名  臨床検査技師 3名  臨床検査技師(非常勤) 1名

認定資格

細胞検査士 2名  認定臨床微生物検査技士 1名
感染制御認定臨床微生物検査技師士 1名  認定輸血検査技師 1名

検体検査

一般検査

尿検査は腎臓や膀胱の病気、糖尿病などの病態を把握するための検査です。便潜血検査は消化管の出血性病変の有無を調べ、大腸癌の早期診断に有効です。髄液検査は中枢神経の感染症、脳腫瘍、くも膜化出血、脳水腫などに有効です。羊水、胸水、腹水などの穿刺液の検査も行っています。

血液 ・凝固検査

血液中にある白血球・赤血球・血小板などの細胞を質的・量的に測定し、感染の有無、貧血、出血傾向などの病態を把握します。
凝固検査は血液の出血を止める働き(凝固)と一度固まった血液を溶かす働き(線溶)を検査します。

生化学 ・免疫血清検査

検体は血液を凝固させ遠心分離して得られた血清を用い、生化学検査では生化学自動分析装置で体内の酵素、脂質、含窒素成分、無機質などを定量します。
一般的な項目として蛋白、AST、ALT、コレステロール、尿素窒素、クレアチン、電解質、血糖、ヘモグロビンA1cなどがあります。肝・腎などの各臓器に特異的な項目を組み合わせることにより診断・治療に有効です。
免疫血清検査はHBs抗原、HCV抗体など感染症の抗原・抗体やAFP、CEAなどの腫瘍マーカーを測定します。そのほかホルモンや血中薬物濃度の検査をしています。

輸血検査

血液型、不規則抗体検査、交差適合試験などの輸血に関する検査、輸血用血液製剤の一元管理を実施しています。輸血用血液製剤の発注、保管、払い出しを行います。自己血の保管管理も行っています。輸血システムによる管理運用を実施し、安全な輸血が行われるよう24時間体制で対応しています。

細菌検査

感染症(肺炎、髄膜炎、結核、食中毒など)の原因である細菌(肺炎球菌、結核菌、サルモネラ菌、病原大腸菌O157、MRSAなど)を検出し、薬剤感受性試験を実施することにより、耐性の有無、治療に有効な抗生物質を調べます。特定の細菌やウイルスの抗原・毒素を検出する迅速検査も実施しています。感染情報レポートを発信し、院内感染対策にも携わっています。

病理 ・細胞診検査

病理組織検査は病変部位から採取した組織の標本を作製し、炎症の程度、疾患に特徴的な細胞の有無、良性・悪性の鑑別、診断をする検査です。細胞診は喀痰や尿中の細胞、気管支擦過、乳腺・甲状腺などの穿刺により採取された病変部位の細胞を観察し、良性・悪性の鑑別、診断をします。当院では乳癌センチネルリンパ節転移迅速検査CK19mRNAを行っています。病理解剖も実施しています。

生理機能検査

直接患者さんの身体に接して検査技師が検査を行います。検査内容により所要時間は異なります。

心電図検査

心臓の活動により生じる電気的な信号を波形として記録します。不整脈や虚血などの心臓の異常を 調べる検査です。
標準12誘導心電図(安静時)

  • 負荷心電図
    安静時心電図記録後、階段昇降し、負荷後の心電図を記録します。
  • エルゴメーター
    心電計 ・血圧計を装着した状態で運動することにより、運動により引き起こされる不整脈・虚血変化運動能力を調べます。
  • ホルター心電図
    携帯型心電計を装着していただき24時間心電図を記録します。日常生活での不整脈や虚血の出現、睡眠中、有自覚・無自覚の心電図変化を検出、解析する検査です。

呼吸機能検査

肺活量・一秒率などを測定し、喘息・肺気腫などの肺疾患、肺機能の診断をします。手術適応や労作能力の判定なども調べます。

心臓超音波(エコー)検査

体表に装置のプローブより超音波を当てて、体の中から反射して帰ってくる超音波を画像として描出し、心臓の病変の診断を行う検査です。なお痛みや放射線被曝はありませんので安心して検査が受けられます。

脳波検査

脳から生じる微弱な電気的信号を記録する検査です。てんかんや頭部外傷、脳血管障害の診断に重要な検査です。予約検査です。

新生児聴力検査

AABR 自動聴性脳幹反応検査で、自然睡眠下の新生児の両耳に音刺激を与え、脳幹から出る微弱な反応波を検出し、判定します。

骨密度検査

踵骨の状態を超音波骨密度測定装置を用いて、評価しています。骨粗しょう症の診断に有効です。

↑Top