• 院内マップ
  • 交通アクセス
地域医療連携室 総合周産期母子医療センター

部門

看護部

看護部の概要

平成29年4月現在 

看護体制

看護単位7看護単位(病棟:5単位、手術室・中央材料室:1単位、外来:1単位)
看護方式固定チームナーシング
勤務体制三交替制(2箇病棟) 変則二交替制(1箇病棟) 二交替制(2箇病棟)

看護職員

看護部長1名前川律子
副看護部長1名松島篤子
看護師長10名専任医療安全管理係長1名、専任教育担当師長1名、
地域医療連携係長1名
副看護師長16名感染管理認定看護師1名、がん化学療法認定看護師1名、
新生児集中ケア認定看護師1名
助産師・看護師240名助産師 33名看護師 207名
ナースエイド
看護クラーク
16名ナースエイド 9名看護クラーク 7名

委員会の構成・活動

看護部の教育

教育目的

看護師の基本となる知識・技術・態度を身につけ、看護の専門性を発揮して、他部門と協働し、より自己研鑽できる看護師を育成する。


教育目標

  1. 佐賀病院の理念と看護部の理念を認識し、組織人としての自覚を持ってその役割を果たす事ができる職員を育成する。
  2. 看護職員としての専門的知識・技術・態度の向上を図る。
  3. 患者及びその家族が、安全・安楽・安心で、満足を感じられる看護の提供ができる看護職員を育成する。
  4. 看護の実践者として倫理観を養い、かつ人間として成熟した態度を育成する。


教育体系図

国立病院機構の『看護職員能力開発プログラム』に基づいた教育を行っています。


平成29年度教育プログラム

平成29年度看護部教育プログラム 「自ら学び育つ専門職業人の育成」


認定看護師からのメッセージ

新生児集中ケア認定看護師 尊田知美

新生児集中ケア認定看護師として主にNICUで活動をしています。

生児を一人の大切な人格として尊重すること、新生児を家族の一員として迎え入れることができるように家族をサポートすることの重要性を強く感じ、日々試行錯誤を繰り返しています。病棟スタッフ全員が、入院してくる新生児に安全・安楽・そして根拠をもってケアを行うことができるように、これからもスタッフと共に学び成長していきたいと思っています。

感染管理認定看護師 執行えりこ

平成24年に感染管理認定看護師を取得しました。院内の感染管理組織であるICT(Infection Control Team)を軸に、院内の感染管理活動を組織横断的に推進しています。


また、院内の患者さんや職員のみならず、佐賀病院周辺に住む地域の方々にも、ご自宅や在宅医療での感染対策のお役に立てればと思います。いつでもお気軽にご相談ください。

出張講座のご案内

当院看護部では、看護師・助産師が院外にて講座を開き、積極的に地域の方々のご支援になればと考えております。

講座のテーマ

  • 生命の誕生と母親になること
  • 命の大切さについて ~泣き笑いの子育て~
  • 新生児のかかわり方で大切なこと
  • 思春期の性について
  • 小児の救急対応について ~発熱・けいれん~
  • 更年期の過ごし方について
  • 肝臓病と日常生活
  • 乳がん自己検診法
  • 健康維持のための話~腰痛体操~
  • 健康維持のための話~骨折予防~
  • 糖尿病の足の病変 ~フットケアの重要性~

現在までに、新生児集中ケア認定看護師が保健所にて講座を行ったり、助産師が婦人会へ「更年期障害について」など身近な話題で講座を開いております。

小中高校の性教育の一環として日本家族計画協会認定の思春期保健相談士の資格を有する師長も活躍しています。小中高校の教育の一環として、又、地域婦人会、老人会、サークル活動として計画される時などにお呼びいただければと思います。
講座は約1時間程度で、料金は無料です。

〒849-8577 佐賀市日の出一丁目20-1
独立行政法人国立病院機構 佐賀病院  地域連携室 担当:鶴
TEL:0952-30-7141  FAX:0952-30-1866

↑Top