• 院内マップ
  • 交通アクセス
地域医療連携室 総合周産期母子医療センター

診療科

放射線科

放射線科で行なう写真による診断は、多くの疾患で診断の根拠となる重要な証拠です。必要最小限の検査で、正確な診断にたどり着けるよう心がけています。

放射線科医長  岡田秀樹

放射線科には医師3名(内非常勤1名)、診療放射線技師9名、看護師3名、事務員2名の計16名が勤務しています。

放射線科医師の業務は一般の方には馴染みが薄いと思いますが、超音波検査(エコー)、胃や大腸の透視検査、血管造影や生検などの検査を施行しています。また、当院で撮影される全てのCTやMRIなどの画像検査に所見作成(検査結果を文章で主治医に報告すること)を行っています。通常の外来診察は行っていませんが、近隣の病院、医院、診療所などから紹介いただいた患者さんの検査、その結果報告を行っています。

診療放射線技師の業務は、X線撮影、乳房撮影(マンモグラフィー)、CT検査、MRI検査などの撮影業務全般を行っています。また、超音波検査(乳腺)では検査と所見作成を行っています。そして各種造影検査、血管造影検査では、医師、看護師と協力し検査を遂行しています。

看護師の業務は、CT検査、MRI検査での注射や、検査において患者さんの介助を行い、これらの検査が円滑に行われるよう医師や技師をサポートしています。 事務員の業務は、患者さんの受付や電話での応対、そして過去の検査フィルムを準備したり、整理したりしています。

放射線科で行う主な検査は、X線撮影、骨密度検査、CT検査、MRI検査、造影検査(胃・尿路・胆道など)、血管造影検査、乳房撮影検査(マンモグラフィー)、超音波検査、核医学検査(RI検査)、放射線治療などがあります。それぞれの検査の内容については、下記をご参照ください。

放射線科での検査紹介

一般撮影

X線撮影(一般撮影)とは胸部や腹部、そして全身の骨など、X線を用いて撮影する検査で、人体に入るX線と出てくるX線の強度比が組織により異なることを写真のコントラストとして画像にしています。当院では最新のコンピュータ画像処理装置(CR:computed radiography)を用いることにより、従来のX線写真よりも格段に鮮明で見やすく、いつも安定した画像を提供し、診断精度の向上に貢献しています。

胸 部腰椎圧迫骨折股関節頸部骨折

MRI検査

MRI(磁気共鳴画像)とは、磁石と電波を用い、人体中に含まれる水分(水素原子核)からMR信号(共鳴電磁波)を放出させます。このMR信号を受信コイルによって検出し、コンピュータ処理により断面の画像として構成する検査です。

当院では、1.5T(テラス)超電導MRI(上位機種)を使用しており、高品質な画像を提供しています。また、平成23年11月より心臓のMRI検査を開始しました。検査内容は心臓の形態や機能、冠状動脈の走行について評価が出来ます。

腰椎ヘルニア頭部DWI画像
(急性期脳梗塞)
骨盤
(子宮筋腫)
乳腺造影MIP像
(腫瘍)
頭部MRA
(正常例)
MRCP
(総胆管結石)
心臓MRI
T1強調画像
心臓MRI
4chamber像
心臓MRI
右冠動脈

CT検査(コンピューテッドトモグラフィー)

当院では64列のMDCTで検査を行っております。MDCT(マルチディテクターCT)は、従来のSDCT(シングルディテクターCT)に比べ短時間、広範囲、高度、高精細に検査を行う事が出来ます。

従来は最も薄くて1mmでしたが、0.35mmまで薄く撮影することが可能となり、従来より高精細な画像を得ることが出来ます。これに伴い通常の断層像以外に任意の3次元画像を得ることができ、病変の位置、形状、範囲が詳細に観察する事が出来ます。また当院ではワークステーション(AZE社)を導入しており、より詳細な3D画像を作成することが出来ます。


下肢動脈 3D画像






脳出血画像肺癌HRCT
気胸MPR像 乳癌MIP像
冠動脈CT 3D画像 腹部3D画像  
 
橈骨骨折MPR像橈骨骨折3D画像 

血管造影検査(アンギオグラフィー)

血管造影検査(angiography)とは、一般にX線写真では観察できない血管系に対して、検査や治療を行うものです。
検査は、主に大腿部の血管(または上腕部の血管)を局所麻酔下に穿刺したのちカテーテルを目的部位まで選択的に進めます。そして造影剤を注入してDSA装置にて連続撮影を行い、検査・治療を進めていきます。

当院では、腫瘍血管塞栓術(TAE)やカテーテルからの抗がん剤治療である肝動注化学療法などの血管IVRの他に、経皮的胆道ドレナ―ジ(PTCD)や経皮的膿瘍ドレナ―ジなどの非血管IVRも行なっています。

左腎動脈造影

総肝動脈造影
(肝臓がん)
PTCD
(経皮的経肝的
胆道ドレナージ)

乳房撮影検査(マンモグラフィー)

X線撮影(一般撮影)とは胸部や腹部、そして全身の骨など、X線を用いて撮影する検査で、人体に入るX線と出てくるX線の強度比が組織により異なることを写真のコントラストとして画像にしています。
当院では最新のコンピュータ画像処理装置(CR:computed radiography)を用いることにより、従来のX線写真よりも格段に鮮明で見やすく、いつも安定した画像を提供し、診断精度の向上に貢献しています。

従来2D画像とトモシンセシス画像比較

超音波検査(エコー)

人間の耳に聞こえない高い周波数(数MHz~数十MHz)の音を超音波といいます。
超音波を身体に送信し、各臓器からの反射波を画像化することを超音波検査といいます。身体の断面画像だけでなくリアルタイム動画を得ることが出来ます。


腹部検査
肝細胞癌
腹部検査
胆石
乳腺検査
充実腺管癌
頚部検査
甲状腺腫瘍
頚部検査
リンパ節カラードプラ

マンモトーム生検検査

組織を採取する生検法のひとつで、乳房内の病変の組織を超音波画像やマンモグラフィを見ながら3~5mmの針で吸引・採取する検査のことをマンモトーム生検といいます。
採取した組織は顕微鏡で観察し、診断を行うための病変の良悪性判別材料となります。


造影検査

この検査は、X線テレビ室で行われます。
バリウム造影剤による胃や腸などの消化管透視検査をはじめ、泌尿器造影、産婦人科の子宮卵管造影、整形外科の肩や膝などの関節造影や椎間板ヘルニアにおける脊髄腔造影(ミエログラフフィー)、あるいは内視鏡(ファイバースコープ)を用いたERCP検査など多くの検査を行っています。

注腸検査
S状結腸癌
ERCP検査
総胆管結石
子宮卵管造影
脊髄腔造影

核医学検査

核医学検査室が新設され、SPECT/CT装置(Symbia T SIEMENS社製)が新規導入されました。PECT-CT装置は、ガンマカメラとマルチスライスCTが一体となった最新の装置です。
すべての核医学検査を施行可能ですが、加えてCTを併用することにより、特にガリウムシンチ・骨シンチ・Tl腫瘍シンチ・肝胆道シンチ・消化管出血シンチ等核医学画像のみでは、集積部位の解剖学的位置がはっきりしない検査に特に有用です。

この装置を用いることで、Fusion画像を作成することが出来ます。Fusion画像とは融合画像のことで、ここでは核医学画像とCT画像を重ね合わせて表示することをいいます。これにより核医学の機能・代謝画像とCTの解剖学的位置・形態情報を同時に表示することが出来ます。
これにより核医学検査の弱点である解剖学的位置情報がCT画像によって補われ、2つの検査のいいとこ取りの結果を得ることができます。

検査は、骨シンチ・ガリウムシンチ・脳血流シンチ・その他の検査も可能です。検査により検査日時や検査時間、前処置、費用等異なりますので、詳細につきましては、放射線科受付にお問い合わせください。
また、負荷シンチは当院では行っておりません。


Whole-body

SPECT

SPECT + CT 融合画像

骨密度測定

X線骨密度測定装置 PRODIGY(GE社)が導入されました。この装置は骨祖しょう症の診断、治療の為、骨折リスクの高い腰椎正面、大腿骨などの検査に対応した装置です。一部位最速30秒以下、連続測定ワンスキャン機能で5分以内で、痛みもなく患者様の負担を少なく検査が可能となっています。X線による被ばくも胸部レントゲン撮影の約6分の1程度と低被ばくでの撮影となっています。


放射線治療

平成26年度外来診療棟の第1期の建て替えにより、放射線科もリニュアルされ、放射線治療・RI部門が新設されました。今回、放射線治療装置(エレクタ社製Elekta Synergy)が新設・導入され、平成27年7月より放射線治療が始まりました。当院は、佐賀県内において、5施設目の放射線治療施設(光子)です。

今回導入された最新鋭の放射線治療装置の特徴

  1. 画像誘導による放射線治療が出来ることで高精度な放射線治療が行える
    Image Guided Radio Therapy(IGRT):当院の放射線治療装置は、治療ビームに対して垂直方向に kV電圧のX線管球とフラットパネル検出器を装備しており、単発撮影や連続(透視)撮影だけでなく、コーンビーム技術による3次元のCT画像を撮影できる機能を備えています。この機能により、図1が示すように治療計画時のCT画像と治療時の撮影した画像を重ね合わせることによって、放射線治療中の位置決め誤差を算出することができます。この誤差を独立した6軸の制御が可能なカーボンファイバー天板「Hexa POD evo」により高精度の位置決め補正を行うことで、がんに放射線を命中させることができます。その結果、がんに限局した治療ができ副作用(有害事象)を少なくできます。
    図1.治療計画時の
    CT画像(左)
    治療時の
    撮影した画像(中)
    重ね合わせ画像
  2. 360度回転しながらあらゆる方向から放射線の強度を変えて放射線治療が行える。(現在は、診療体制により行なっていません)
    Volumetric Intensity Modulated Arc Therapy (VMAT):今回導入した装置は、写真のように放射線治療装置を回転させながら、放射線の強さを変化させて放射線治療を行うことができます。この放射線治療方法により、短い照射時間でがんに放射線を集中させ、がんに限局した治療が可能なため、余分な被ばくも低減でき、放射線治療にかかる時間が短縮され、放射線の治療効果も向上が期待できます。
    図2.当院の新規導入
    放射線治療装置
    図3.回転照射(VMAT)
    治療の様子

現在、当院で行っている治療は、乳癌・前立腺癌・膀胱癌・直腸癌・緩和治療(骨転移・脳転移)などです。
肺癌や食道癌などのほかの悪性腫瘍に対する治療も可能ですが、診療体制によりIMRTおよび定位照射(ピンポイント治療・SRT等)は行っていません。
放射線治療のご要望があれば、放射線治療医の診療日(非常勤・毎週火曜日)に放射線科外来を受診してください。(電話で診療予約が必要です。)診察の上、治療の適応の有無も含めてご返事いたします。
放射線治療は、外来・入院とも施行可能ですが入院加療が必要な場合は各診療科にまずはご相談ください。

<予約>
全例予約制となっています。毎週火曜日の10時より午前中のみの診察となります。お電話でご予約ください。

放射線治療依頼書(PDF形式)

検査を受けられる患者さんへ

放射線科には、様々な画像診断機器が整備されています。こうした高度な医療機器は充分な知識を持った専門家である放射線科医師や放射線技師によって運用され、必要とされる患者さんに、適切に利用されています。
放射線科スタッフ一同、安全で速やかに検査が行われるよう心がけています。
下記の点につきまして、ご理解とご協力をお願いいたします。

疑問や不明な点がございましたら、気軽に放射線スタッフにお尋ね下さい。

医師紹介

↑Top